トップ > テクニカル分析 > テクニカル分析のダウ理論の考え方

テクニカル分析のダウ理論の考え方

FXも株式投資や先物取引と同じように、相場の予測理論を研究して儲けるための方法を身に付けていくことが重要となってきます。


相場の予測理論と聞くと、FX初心者の方はなんだか難しそうで大変そう・面倒くさそうと思われるかもしれませんが、研究していくととてもおもしろいものです。いろいろな知識が必要になってきますが、まずは理論の中の一つ、テクニカル分析のダウ理論の考え方について解説します。


テクニカル分析のダウ理論とは、19世紀の経済学者である「チャールズ・H・ダウ」が、ウォールストリートジャーナルに書いた理論がもとになっています。平均株価の考え方を最初にしたのがダウなのです。これはFXだけではなく、株式投資や先物取引にも用いられています。


ダウ理論では、工業株平均と運輸株平均の2つの平均株価の終値ベースを使います。また、一度始まった動きは反転が証明されるまでは続く、というのがダウ理論で大事な考え方です。これは株式投資の場合の理論ですが、FXについても同じようなことがいえます。為替相場の変動には様々なことが影響していますが、いったん上昇するというトレンドが始まると、反転させることが起きるまでは、上昇というトレンドは変わらない、ということが言えます。

この記事のカテゴリーは「テクニカル分析」です。
ダウ理論やエリオット波動理論などのテクニカル分析について解説しています。
関連記事

テクニカル分析のエリオット波動理論とは

FXのテクニカル分析にはダウ理論の他にも、エリオット波動理論があります。エリオッ...

ダウ理論 トレンドの考え方

FX初心者の方には、相場というものには3つのトレンド(波動)があるということをぜ...

テクニカル分析のダウ理論の考え方

FXも株式投資や先物取引と同じように、相場の予測理論を研究して儲けるための方法を...