トップ > FX基礎知識 > FXのリスク管理

FXのリスク管理

FXでは株式と同じように、当然ですが損失を出すというリスクを持って行うものです。元本は保証されていません。株式と違うところは、1日で暴落するというリスクはほぼ考えられないというところです。不安定な外貨ならありえますが、ユーロやドルならば、まずありえないと考えてよいでしょう。


FXには、リスク管理として、マージンコールとロスカットというものがあります。


マージンコールは、証拠金の半分を超す損をした時に、決済するか追加で保証金を出すことをするのかを求めるという仕組みです。


ロスカットは損切りとも呼ばれるものです。例えば、証拠金の20から30%になってしまうと、手持ちの通貨の全部または一部を決済する仕組みです。マージンコールでは、追加で保証金を出すという選択肢もありますが、ロスカットの場合は決済するしかありません。


マージンコールもロスカットも、損を出しても証拠金の範囲内でおさめておこう、というリスク管理のシステムです。少ない証拠金で始めて、レバレッジをある程度かけ、大損したように思えても、損は証拠金でまかなえる程度におさめておこう、という仕組みなんです。

引越し 見積もり相場

この記事のカテゴリーは「FX基礎知識」です。
FX初心者の方のために、FXの基礎知識を解説しています。
関連記事

FXは怖いということを覚えておきましょう

FXを実際に始める前に、とっても怖いギャンブル的な側面も持っているっていうことを...

ポートフォリオ

FXのポートフォリオとは、スワップポイントで稼ぐテクニックのことです。スワップポ...

デイトレード

株式投資にデイトレードという売買方法があるのと同じように、FX投資にもデイトレー...

システムトレード

システムトレードという言葉は、FX初心者の方でも聞いたことがあると思います。株式...

FXのリスク管理

FXでは株式と同じように、当然ですが損失を出すというリスクを持って行うものです。...